前へ
次へ

自分らしい人生最期を彩る為の準備

自分の葬式は見ることが出来ません。
その為、あまり積極的に葬式の準備をしておく人は少ないです。

more

男性が葬儀に参列する際のヘアスタイル

葬儀に参列する場合はご遺族や、他の参列者に不快な思いをさせないよう、マナーを守るということが大切です

more

宗教によって香典のマナーは変わる

葬儀といえば日本国内では仏式スタイルが大半です。
ですが、故人が信仰していた宗教に則った葬儀に

more

自分が明日亡くなった時のためにできること

いざ自分が亡くなった時、あなたは準備ができているだろうか。
亡くなった時のことを考えてみよう。
まずは葬式を開くか否か。
開くのならば、開いてくれるのは誰だろうか。
その方に、しっかりと家の宗派を伝えておこう。
身内が開いてくれる場合でももめごとの種になるのは、葬式の費用である。
最近では、葬式の費用にかかる保険なども出ているので利用するのも一つの手である。
単純に式の費用だけでなく、葬儀に集まってくださった方の食事や交通費、お坊さん等に対するお金も視野に入れなくてはならない。
次に墓である。
先祖代々の墓があればそれでいいのだが、ない場合いざ墓を建てようと思っても土地については抽選の可能性が高い。
前もって準備するか、運のいい人に抽選を任せるか、当たるまで待機するかは人によりけりではあるが、最善と思う手段を選び取りたいものだ。
次に、遺産である。
相続をさせるようなものがある場合にはしっかりと誰に何を相続させるかを身内に納得してもらった状態でおくといざこざが少なくなるだろう。
銀行の口座についても遺産であり、中身についてはしっかりと相続しないとボランティア的に使われてしまう。
貢献としてはいいことだから一概には言えないが、残した伴侶を路頭に迷わせないためにも、口座についは皆が周知の状態にあるのが望ましい。
最近では、亡くなる前にそういったことを記すノートがあるので検討してみてはいかがだろうか。

麻布十番 パーソナルトレーニング
怪我予防にも!日々のトレーニングで健康的なカラダに

Page Top