前へ
次へ

男性が葬儀に参列する際のヘアスタイル

葬儀に参列する場合はご遺族や、他の参列者に不快な思いをさせないよう、マナーを守るということが大切です。
男性の場合、自分のヘアスタイルが葬儀に参列する際、マナー違反となっていないか確認してみると良いでしょう。
葬儀は故人を弔う場ですので、清潔感のあるヘアスタイルにしなければいけません。
普段であればワックスを使って毛先を立てるヘアスタイルは問題ありませんが、葬儀の場ではマナー違反となります。
ワックスやスプレーは過度に使うのではなく、あくまでも髪を整えるために使用しましょう。
髪がはねているのを抑えたり、邪魔な前髪を止める程度に使用するのがマナーです。
また、最近はロングヘアの男性もいますが、顔に髪がかかるのはマナー違反とされるのでヘアスタイルには注意しましょう。
束ねるぐらいの長さがある場合は、後ろで一つ結びにするのが葬儀に参列する際のマナーです。
この時、黒の髪ゴムを使用して目立たないようにしましょう。

Page Top