前へ
次へ

家族葬の増加とその目的を考える

昔は近隣にも知らせて、葬式に参列をしてもらうことが定番でした。
そのほうがお香典も多く集まるということもありますし、寂しい雰囲気にしてしまうと故人に対して失礼に感じてしまうということもあったようです。
しかし最近では出来るだけこぢんまりと執り行なうことを考える親族が多いです。
家族葬にしたほうが本当に親しい人たちだけで送り出すことができますし、費用も抑えることができます。
故人のために執り行うというだけではなく、基本的に残された遺族のために行なうと考えれるので、悲しんでくれる人たちだけで執り行なって、来客対応をする時間も省くということにして、故人を偲ぶ時間を多く取るということを優先するようになりました。
ゆっくりと時間を過ごすことが出来るということが大きいですし、そのほうが遺族もしっかりとけじめをつけることができる、ということもあります。
費用も一般葬よりもかなり抑えることが出来るようになるというメリットもあります。

Page Top